投稿者: welcure

関節の腫れ

関節の腫れとは 腰の骨には10以上の小さな関節があります、これらの関節があるため腰を曲げたり、捻ったりすることができます。しかし、過剰に腰を曲げたり捻ったりすること、この関節が捻挫を起こし腫れてしまうことがあります。また…

治療内容

カイロプラクティック施術の内容は、患部や症状によって異なります。また、年齢や性別によっても異なります。 カイロプラクティックの施術というと、骨をポキポキ鳴らすイメージが強いと思いますが、これはカイロプラクティックの方法の…

足のしびれ

足のしびれとは足にしびれを出る場合、さまざまな状態が考えられます。足にしびれがあると簡単に坐骨神経痛といわれがちですが、ほかにも神経がたくさんあります。足に行く神経は腰の骨の間から出ていろいろな筋肉や骨の間を通って皮膚に…

野球 投球

投球による体への負担ボールを投げることによる負担は野球のピッチャーに最もよく見られます。試合では何百回とボールを投げなければならないからです。ピッチャーの投球フォームがありますが。体に主に起こることは、右投手の場合、足腰…

野球 肩の痛み

肩の痛み肩の痛みは、ピッチャーによく見られます。肩の関節は細かく分けると4つの関節があります。これらの関節が正常に機能すれば問題はありませんが、1つでも正常な機能を失うと、特に肩に負担の大きい投球動作では肩に問題が起こり…

野球 肘

野球肘野球肘とは肘の内側の部分の筋肉が肘の骨についている部分に炎症が起きてしまう状態を言います。これは上記のような投球時の動作の異常だではなく、変化球を投げることによっても起こります。変化球では特にシュートを投げるような…

腸脛靭帯摩擦症候群

腸脛靭帯摩擦症候群とはこの疾患は、股関節や膝関節を動かしたときに、股関節や太もも、膝関節などに痛みが生じます。また、腸脛靭帯が大腿骨外顆と摩擦を繰り返すことで炎症が起こるため、外顆周辺には圧痛(押さえて痛みが起こる)がみ…

腰部筋筋膜症

腰部筋筋膜症とは腰部筋筋膜症とは、腰部とは腰(こし)を意味し、筋は筋肉、筋膜は筋肉を包んでいる膜を意味します。これら筋肉、とそれを包む膜に異常がある状態を腰部筋筋膜症といいます。 背骨の腰の部分の骨や関節は異常はないが筋…