野球 膝の痛み

膝の痛み
野球では、ボールを投げたり、バッティングを行うときに、最終的にボールを投げる、ボールを打つ瞬間には両足を固定して、体をひねる運動が起こります。このひねる運動は、膝や腰に負担がかかります。特に股関節や背骨の動きが悪い場合には、体をひねる力が膝に集中してしまいます。一度や二度なら問題はありませんが、長期間このようなバランスで練習試合を繰り返すことで次第にひざが悪くなっていきます。症状が出たときだけの問題ではなく他の部位の代償となって過剰な負荷が加わるために起こることもケースもあります。


膝の痛みとカイロプラクティック治療
カイロプラクティックでは一連の動作を分析し、背骨や各関節や筋肉の働きをチックします。このことでパフォーマンスアップや再発防止に役立てます。更に弱い筋肉に対するエクササイズなども指導します。