脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは
脊柱管狭窄症とは、脊柱管(背骨の中の管で頭の骨の中から背骨の中に続き脳から伸びる神経の束である脊髄が通る管)を通る脊髄(脳からの神経の束)や脊髄から出る神経が変形した背骨や椎間板(軟骨)でにより圧迫されて、足の痺れ、外陰部、肛門部の知覚異常(痺れ、冷感、熱感)、)歩行障害などが起こります。歩行障害は、間欠性跛行といわれ、歩いていると足に痺れが出て続けて歩くことができないといった症状が特徴的です。痺れは、体を曲げて休むと回復し、また歩き出すとしびれるといった状態です。

原因
脊柱管狭窄症は、先天的なものもありますが、特に中高年で発症する場合、後天的なものとなり背骨の変形や椎間板の変形によるものが多く見られます。背骨の変形、椎間板の変形は、背骨や椎間板に過剰な捻れや引っ張る力が加わったり、荷重が加わったりすることによって起こります。背骨や椎間板の変形による脊柱管狭窄症のが起こる場合、ほとんどの人が腰痛を経験している方々です。異常な加重は、肥満や背骨の腰の部分(腰椎)が過度に反っている状態で起こります。更に捻れや引っ張る力は腰の骨の一部が硬くなっているために起こります。

脊柱管狭窄症とカイロプラクティック
通常、理学療法や手術などが行われますが、カイロプラクティックでは、腰の骨の反りが制限されている骨の部分を施術し、患部の反りを軽減する施術を行います。

間欠性跛行(歩行時の痺れ)の場合は、歩行の検査をして、歩行時に起こる患部への負担を軽減する治療を行います。足に痺れがあって、腰を反ると痺れが強くなったりする状態、歩行時に痺れが出るような状態では、カイロプラクティックが有効です。立っているだけでも足がしびれてくる、痺れが出て歩けないといったことは、日常生活に継続が困難になります。長期間になれば精神的にも落ち込んでしまうことでしょう。手術はしたくない、リハビリに行ってもよくならないかたは、ぜひカイロプラクティック施術を受けることをお勧めします。

人間の身体の持つ代償作用を最大限に引き出すカイロプラクティックは、welcure ebisu カイロプラクティック!