筋肉の痙攣

筋肉の痙攣とは
腰の周囲にはたくさんの筋肉があります。これらの筋肉が痙攣を起こすことで、腰部に痛みを起こすことがあります。筋肉の痙攣は、筋肉が縮むような体勢や動きにより悪化します。痛みの程度は痙攣の程度によりさまざまです。症状は一過性のこともありますが、これは腰の周りの筋肉が弱くなっているサインであることもあります。

原因
 腰の筋肉の痙攣は、主に筋肉への負担が大きい場合や筋肉が弱くなっている場合に起こりやすくなります。ほかには栄養素の欠乏などが原因になることもあります。

神経圧迫とカイロプラクティック
 カイロプラクティックでは、痙攣の起きた筋肉を特定して施術します。さらに筋肉が痙攣を起こした原因をつきとめて施術します。腰の筋肉は、腰よりも上部の体重を支えなければなりません。腰よりも上のバランスが崩れていると。支える筋肉にかかる負担が大きくなります。このため腰よりも上のバランスも調整します。

 更に立っている状態では、足、膝、股関節などのバランスも腰の筋肉に影響を与えます。このため足、膝、股関節の異常にも施術を加えます。この異常は、症状を現しているとは限りません。症状がなくてもバランスを崩していることがあります。