変形性膝関節症

変形性膝関節症とは
膝関節の軟骨と骨が変形する疾患で、50歳以降の女性に多く見られる疾患です。朝起きたときに膝に違和感があったり、膝関節に力がかかる動作をすると痛かったりするのが初期の段階です。進行すると、膝関節の曲げ伸ばしが困難になります。そのため、正座や深くしゃがみこむことができなくなります。また、階段の上り下りに苦痛を感じます。大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)が萎縮し、筋力の低下が起こるため、特に下りを苦痛に感じるようになります。この段階では、膝に力のかかる動きをすると、コリコリ、ガリガリといった音(軋轢音)がします。また、膝の腫れも見られます。

原因
加齢による関節軟骨の変性と、関節の変形が1つの原因です。また、半月版損傷や靭帯損傷などが原因となって発症することもあります。

レントゲン写真では、関節の狭小化、骨棘の形成、関節内遊離体(関節ねずみ)、半月板の石灰化などが見られます。

変形性膝関節症とカイロプラクティック
一般的には、体重減量や杖の使用、長時間の立位や歩行、正座を避けるようにして、膝への負担を軽減することが必要です。

カイロプラクティックでは、膝関節そのものに痛みがある場合は、直接は膝関節を治療しない場合があります。その代わりに、膝を動かす働きのある大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)の状態を改善して、膝が動かしやすくなるように治療します。

また、股関節、足首、体幹など、膝以外の部位を治療することによって、膝の可動域制限を他の関節で補えるようにします。全体のバランスを整え、膝への負担を減らすと、症状は軽減します。

末期の変形性膝関節症に対しては、人工膝関節置換術が行われます。手術によって、膝関節の骨を人工的なものと取り替える手術です。手術によって、変形がなくなったとしても、長期にわたって膝をかばう姿勢での生活を送っていた場合、膝関節以外へ負担をかける姿勢になっていることが多いです。

カイロプラクティックは、手術後によりよい状態を保ち続けるためにも有効です。