四十肩、五十肩

四十肩、五十肩とは
四十肩、五十肩とは、正式な診断用語ではありません。一般的に、肩峰下滑液包炎などがこの湯に呼ばれるようです。40歳や50歳代で肩が痛いといってもたくさんの状態があります。ここでは滑液胞炎について説明します。

肩峰下滑液包は腕と肩の骨の間にあります。、これが、肩を動かすたびに何度もはさまれて最終的に腫れてしまう状態をいいます。この部位の腫れは、他の部位と異なり、回復が非常に遅くなる傾向にあります。
炎症が起こりますので、うずくような痛みが起こります。これが夜間も続き、睡眠を妨げる場合もあります。

痛みのために肩が動かせない状態で、動かすと肩の痛み、さらに腕にまで痛みが広がります。

原因
腕と肩の骨の間にある肩峰下滑液包が、肩を動かすたびに何度もはさまれて、腫れてしまいます。正常ではこの部分は滑液包がはさまれないようにある程度のスペースがあります。これが肩の周りの筋肉の緊張などによりスペースが狭くなるために起こります。更に、この疾患が40代、50代でよくおこるため、肩の関節周囲の構造の老化や更年期などのホルモンバランスの乱れなども関与しているといわれることもあります。

四十肩、五十肩とカイロプラクティック
カイロプラクティックでは、腕と肩の骨の間のスペースが広がるように、肩周囲の筋肉や関節を施術いたします。通常腫れがある部分に直接力が加わるような施術は行いません。また、腫れ(炎症)を早くひかせるための食事などもアドバイスいたします。

welcure ebisu カイロプラクティックでは、肩のっ施術はもちろん、肩に負荷をかける身体のひずみ、肩の周りにいく神経が出ている首の部分も見て、異常があれば治療して回復期間を早めます。

夜うずくような痛みがある場合、回復に時間がかかる可能性があります。うずくような痛みがない場合、施術による回復は良好です。