サッカー ラン

ラン
サッカーは試合中、常に走っているようなスポーツで、長時間のスタミナや瞬発的なスピードも要求されます。このためには効率のよい走り方をするのが最も能力を発揮できることになるでしょう。効率のよい走り方とは、手足が左右交互に振り出される動き、更に背骨が捻れる動きが基本的なランニングですが、これらの動きがスムーズで対象的に起こっている状態です。

 重要な部分は体のひねり、肩の関節、股関節、膝関節、足首とこれらの周りの筋肉です。関節が正常に動き、筋肉がバランスよく働いている状態では、体力の消耗は最低限にとどまり、走るスピードにおいても最大の能力が発揮できます。

カイロプラクティック
カイロプラクティックでは、走るときに起こる運動を分析します。体幹では背骨の捻れ、腹筋の作用、背筋の作用、首の捻れや筋肉のバランス、手と足では、特に肩と股関節、膝、足首の部分は走るために重要です。肩の部分では腕を振ることにより、、体をひねる動きや足を前に出す動きを促進します。このため肩の部分の関節や筋肉の機能も検査施術いたします