ゴルフ肘、内側上顆炎

ゴルフ肘、内側上顆炎とは
テニス肘に対して、ゴルフをする人にみられる疾患なので「ゴルフ肘」といいます。しかし、テニスをする人にも同じ疾患が起こりますので、「内側上顆炎」という名称で説明します。
内側上顆炎は、上腕骨(肩から肘にかけての骨)の内側上顆(肘の内側部)に痛みが起こる疾患です。肘関節を伸ばしたときや、手首の背屈(手の甲を起こす動き)、肘関節の回外(手のひらを上に向ける動き)などで痛みの発生や増加がみられます。

原因
上腕骨内側上顆には指を曲げる筋肉が付着します。ゴルフでダフったときなどの衝撃が、利き腕の肘関節内側に伝わることが原因で、内側上顆に機械的な炎症を起こす疾患です。ゴルフの初心者や、熱心なゴルファーに多くみられます。

上腕骨内側上顆炎とカイロプラクティック
痛みがあっても、レントゲン写真では異常は見つかりません。カイロプラクティックでは、内側上顆に付着する筋肉を緩めることで、肘に伝わる衝撃を軽減します。しかし、熱心なゴルファーは、完治しないままに続けがちですので、適切なサポーターの使用や、自分で出来るストレッチやマッサージを継続していくことが大切になります。

welcure ebisu カイロプラクティックではゴルフスイングのフォームをチェックして肘に無駄な力が加わらないようにスウィングに使う筋肉や関節の状態を最適にします。